2011年05月08日

マンション住設つれづれA 壁材-2

マンションと一戸建てを比べてどうしても劣ると思われるのは、やはり設計に関する自由度でしょう。一戸建てであれば、壁紙にしても、例えばメーカーや価格帯の制限はあるにによ、少なくともカタログ一冊の中から選んでください、ぐらいの自由度はありますが、マンションではそれすらもありません。
うちのマンションでは、洗面所等も含めてすべて同じ壁紙で、それ以外では唯一モデルルームに使われていた、へんな葉っぱ柄(もう記憶があやふやですけど)みたいなものが選択できるだけでした。

ただ「オプション」として用意されていた中に、「エコカラット」がありました。
「エコカラット」というのは、機能性の高い壁材です。


天然の壁材では珪藻土が人気ですが、このエコカラットはそれを上回る調湿性、脱臭性、またホルムアルデビド等の有害物質の吸着性を有します。

そしてまたデザインが多彩で、おしゃれです。

これを寝室に使えば、よい空気の中で眠れるなあ、と思いました。

マンションには集合住宅ゆえの、一戸建てと異なる制約がいろいろありますが、その中の一つに「戸境壁には穴を開けるな」というのがあります。

「戸境壁」とは、「隣の家」との境になる壁のことです。
マンションを買った場合、いわゆる「居住スペース」については「区分所有権」という独立した所有権があるのですが、外壁、ベランダ、廊下などは「共有」となり、誰か一人が自由に何かすることはできません。またその共有部分やお隣との境となる、玄関ドア、外壁、外壁に入った窓、戸境壁なども共有とみなされます。

例えば「戸境壁」に絵をかけたいのでピンを打つ、という行為は、お隣さんのその壁に対する権利を勝手に侵害することになるので許されないわけです。

ただピンを打つのは壁を破損することになるのでだめですが、壁の「表面」に何か張るのは、壁を破損することにはならないのでOKで、よって壁紙を張り替えたり、ペンキを塗るのは問題ないのですね。

うちは1LDKで、寝室の一面は戸境壁でした。間取り的にこの壁をベッドの頭側にするのがベストでしたが、この壁に絵を飾ったりできないのではつまりません。
そこでエコカラットを一面に張って、アクセルトウォールにしてしまおう、と思い立ちました。
寝室はホワイト基調のつもりでしたので、白いエコカラット2種類を組み合わせる「デザイン張り」でお願いしました。
こんな感じです。


デザイン張りにしたせいで、息がつまるぐらいの見積もり金額になってしまいましたが、デベロッパーが提携している業者だと入居前に終わらせてくれるということで、キヨミズから飛び降りるイキオイでお願いしてしまいました。本当は自分でリフォーム業者を探して頼んだほうが安く済んだと思いますが、ひとり暮らしで平日仕事だと、業者に入ってもらう時間も取れないし、住み始めてから寝室に入ってもらうのはやはり抵抗があったので・・
(DIYも検討しましたが、エコカラットって割れ易く取り扱いが難しいそうです。トイレぐらいの広さならDIYもいいですが、寝室の壁一面なので断念しました・・)

さて今となってみれば、本当に入れてよかったです。調湿機能・脱臭機能はつけていない場合との比較はできませんが、リビングと比べて確かに寝室は夏でもなんとなくひんやりしています。
朝日以外は日があまり入らないせいもあるでしょうが、エアコンなしで、ひと夏快適に過ごせました。
またうちは猫がいて、廊下や寝室・リビンクのドアも基本開け放しですが、料理の臭いなどを寝室で感じることはまったくありません。

なによりとてもと〜〜っても!おしゃれです。入居して1年以上過ぎましたが、いまだに寝室に入るたびうっとりします。

初期費用は高くても、エアコンの電気代など節約になっていると思えば、入れて損はなかったと思います。

2011年05月05日

マンション住設つれづれA 壁材-1

マンション購入に際して、建設前に契約するか、建設後に契約するか、どっちもメリットデメリットはありますが、内装やオプションに拘りたい場合は、やはり建設前に契約ということになるのでしょうね。
うちの場合、内装については床やドア、キッチン等内装の色をあらかじめ組み合わせて、基本3種類にそれぞれのグレードアップということで、6種類からざっくり選んで下さい、というやり方でした。
ただ壁紙は選択肢がなく、最初から決まっていました。真っ白ではなく、淡いサンドベージュの布目調で、たぶんどんなテイストのインテリアにも無難になじむ感じです。

私のインテリアの好みは、「ナチュラル」と「モダン」の間ぐらいのところですが、どんなテイストでも統一された部屋を見れば、それはそれでいいなあと思ってしまう程度のこだわりなので、最初にあるイメージを持ってインテリアコーディネートを初めても、結果的には思っていたのと違う方向へ行ってしまうこともよくあります。

引っ越す前は、古い部屋に手を入れた「シャビー」感のある部屋にあこがれていたのですが、諸々の要素を考慮して新築にしたものの、内装については思い切り手を入れて、シャビーな部屋にしてしまおうかともくろんでいました。

当時検討したことは、@漆喰を塗る。Aホワイトペイントの板壁にする です。
それとテイストはまた異なりますが、もうひとつやりたかったのが、B部屋の1面だけ色付きの壁紙(かペイント)にする です。

@漆喰壁 はシャビーでナチュラルな部屋には絶対ですね。壁紙でも漆喰調というのはありますが、やはり質感の無さは否めません。
 昔からイタリア・フランスを思わせる漆喰壁には憧れがあって、高校生ぐらいの時も、ホームセンターに行って漆喰材の前でずっと悩んでいたときもありましたが、最近はかなり手軽に漆喰壁をDIYできる資材があるのですね。
 私がチェックしたのは下記です。



これは正確には漆喰でなく、珪藻土の壁材です。
珪藻土は調湿・脱臭などの優れた機能があるので、最近は壁材として大人気ですね。
この壁材の良いところは、なんといっても既に練ってある状態で届くことです。DIYは嫌いではないので、自分で壁塗りしたいと思ってやり方をいろいろ調べましたが、塗り壁は練りこむところまでの準備がかなり大変で、難しいようなのです。

Aの板壁は、最近のナチュラルインテリアにはかかせないアイテムです。

↓こうゆう感じ
 
プランシェホワイト
プランシェホワイト
価格:5,500円(税込)
 


キッチンの壁を板壁にしようと思い、板とペンキの必要量を計算したり、マイホームデザイナーで置いたイメージを作ってみたりずいぶん検討しました。

Bの一面だけの色付壁は、欧米の部屋によくある感じです。
↓こんなの
fi-18.jpg

「アクセントウォール」と呼ぶようです。日本では無難な白い壁が多いですが、外国へ行くとほんとに自由に壁の色で遊んでいて、それがどんな色でも結構部屋としてインテリアがまとまってくるのだなあという印象があります。
とはいえ全部の壁を色で塗ってしまうのにはなかなか勇気がいるものです。でも一面だけなら、ちょっと冒険してみる感じでトライしやすいのではと思います。
例えば子供部屋や寝室などは、寝るときに頭側になる壁をペイントすれば、個性的な色にしても眠りを妨げないのでよい、ということもあります。

といろいろ考えては見ましたが、上記については結局まだ挑戦してません。
ひとつは今の壁紙でもなかなか雰囲気がよいので、この壁紙で飽きてきたり、古くなってきたら次を試すのでいいなと思ったことと、もう一つはこれ以外のアクセントウォールを取り入れたからです。

ながくなったので続きは次回。

ナチュラルインテリアにぴったりのミルクペイント




2011年05月04日

初めての固定資産税

入居して1年以上が過ぎましたが、先日市役所から初めての固定資産税納税通知書が送られてきました。

固定資産税は、その年の1月1日時点で固定資産を所有している場合に、その資産の固定資産税評価額に基づいて納付することが義務付けられている税金です。
なので1月2日に建物を取得しても、翌年の春まで固定資産税の負担は発生しません。
12月30日に取得すると、半年たたないうちに納税義務は発生します。

固定資産税評価額は、「時価」とは違います。「時価」の定義というのも実は画一的に決まるものではないのですが、一般的には、土地については「公示価格(国が提示する時価)」の7割程度になることが多いです。

土地と違って建物は、年を追うにしたがって価値が下がっていきます。当初の建物の価額も、購入者が支払った金額によらず、総務省が示す固定資産評価基準に基づいて、各市役所で算出しており、そこから年数経過による減価率等を加味して毎年の評価額が決定されます。

住まいを新築すると、必ず市役所の固定資産税課が「実地調査」にやってきます。ここで建物の構造など調査して固定資産税評価額の算出基礎を決めるわけです。

さらに一定の条件に合う住宅には、軽減措置もあります。同じ構造の建物でも、居住用か、それ以外として使うかで税金が違う、ということです。また購入して3年(または5年)は実際の固定資産税額の1/2の支払で済むという軽減措置もあります。

さらにさらに、マンションの場合は、各個毎に評価額が決まるわけではなく、建物全体の評価額を持分で面積按分して計算されます。
マンションを買うときには、例えば同じ間取りでも、2階と35階では分譲価格は倍も違う、ということがざらですが、固定資産税については、同じ間取りなら2階でも35階でも同じです。

まあそんなこんなで、固定資産税がいくらになるかを事前に予測するのは、「かなり」難しいのです。

仕事柄、他人の固定資産税を扱うことはしょっちゅうなので、ある程度金額の見込みはついていましたが、自分が払うのは初めてですので、いくらになるか、自分の「読み」はあっているかと半ば楽しみに(?)待ってました。

うちは2人でも住めるぐらいのやや広め1LDKで、予想は年税額で6万〜12万の間位と見ていましたが、
およそ8万円でした。(1/2の軽減後)

生涯家計簿では多めの12万で設計してましたので、気持ち的にはちょっと儲けたわーい(嬉しい顔)ぐらいの感じで、わりによい気分で納税に行ってきました。
それと今後面倒なので、ついでに口座振込手続きも済ませてきました。

ところが2週間ほどして、再度市役所から通知が届いたのです。
口座振替の手続き完了のお知らせかな〜と思いながら開封すると、なんとexclamation通知された税額の計算が間違っていたというお知らせでした。

ぐだぐだと間違いの理由が書き連ねてありましたが、要はマンション全体で計算するときに、計算に入れ忘れていた部分があったということで、数千円は金額が増えるということです。
クライアントの中にも、なんの理由もなく、ある年固定資産税の金額がえらい増えたので、固定資産税課に確認したところ、計算間違いだったということで還付されたということがありました。
固定資産税は例えば自動車税などと違って、土地や建物によって評価が細かく分かれ、また時価そのものに変動があり、毎年評価が必要なので、結構間違いが起こりうることは知っていましたが、やはり増えるというのはいやな気分です。

固定資産税を納付されている方は、毎年のことだからと払いっぱなしにせず、せめて前年の額との比較はされた方がよいかもしれませんよ。
posted by さば at 15:49| Comment(0) | マネープラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。