2011年01月29日

マンション住設つれづれ@ 魔法瓶浴槽

リスクマネジメントということで、なんだか味気ない話題が続きましたので、これからしばらくは実際マンションに住んでみての、設備についての使用感など諸々書いてみたいと思います。

「魔法瓶浴槽」
マンション購入に当って、これが仕様になっていたらいいなあ、と一番思っていたものはこれだったかもしれません。
床暖房やペアガラス、また浴室なら乾燥機能やミストサウナなどといった住設は、ホームページやパンフレットなどで、仕様としてあるかないかをまず事前に確認できますが、浴槽の材質まで説明があることはまずないのではないでしょうか。また他のこまごました住設はたいてい後からでも付けることができますが、浴槽だけ好みのものに取り替える、というのは無理でしょうから・・
長年アパート住まいをしてきた中で、風呂に追い炊き機能がない、というのはほんとにつらいことでした。
長風呂好きでかつ冷え性の自分としては、熱めの風呂にじっくりつかる、というのが理想なのですが、アパートのユニットバスではそれはなかなか難しいことです。芯から温まれるのは銭湯や日帰り温泉に行ったときぐらいでした。
私が気にしすぎるのかもしれませんが、なんというか浴槽からじわじわと熱が逃げていき浴槽側から冷めた湯が対流してきて、お湯がじわじわと冷えていくのが感じられて、なんともいえない不快感があるのですね。たとえ湯沸器付き風呂(実家とか)であっても、冷める、沸かすを頻繁に繰り返すだけで、冷めていく過程の不快感からはやっぱり逃れられないわけです。

「魔法瓶浴槽」は、その名の通り魔法瓶のような真空構造を取り入れることでお湯の冷め方が格段に遅くなり、6時間でマイナス2度、に留まるのだそうです(専用の蓋をした場合)。夜中に42度の風呂に入って、朝6時に40度で入浴できるわけです。

うちのマンションの場合は、魔法瓶浴槽はオプションでした。オプションの詳細な内容はマンションの契約前には分かりませんでしたので、これは本当に「あってラッキー手(チョキ)」という気持ちでしたね。営業の人に「これがオプションにあったらいいなと思ってたんです!わーい(嬉しい顔)」と笑顔でいったら(めずらしい人だな)という顔をされたものです。

ひとり暮らしで、そのうえ追い炊き機能もあるのだから、なにも魔法瓶浴槽までいらないのでは、ということみたいです。人に話をしても、けっこうそういわれることもありました。

さて実際使っての感想ですが、まず冬場でもお湯の冷める不快感はまったく気にならなくなりました。入浴中1時間くらいの間に、お湯がさめていくという感覚はまったくないです。
以前は熱めにお湯をはらないとすぐ冷めてしまい、足し湯ももったいないので、最初に熱い湯に入り、だんだんぬるくなっていくことに甘んじていましたが、今はまずヌルめの湯から入り、だんだん熱くしていく、という気持ちのよい入り方ができるようになりました。(これは魔法瓶浴槽より湯沸し機能の恩恵ですけども)

低血圧でもあるので、特に冬の朝は風呂で体温を上げることが必須なのですが、夜入って朝ほんの数分追炊きをすれば十分熱いお風呂に入れます。夜もオートバスに設定しておくと、熱くなりすぎてしまうくらいです。

さてガス代ですが、ワンルーム時代より一回り大きな浴槽になったにもかかわらず、ガス代はなんと半分です!
8月のガス代が以前3500円、引越後は1800円です。12月は以前4800円、引越後4500円です。引越後はガス床暖房が入っていることも考えても格段にガス代は減少しています。
思うに以前はシャワーですませることも多かったので、かえってガス代はかかってしまっていたこともあるようですが、ちなみに水道代は以前平均3500円、今平均3300円ぐらいです。水道代も減少しているとはいえ、やはり追炊きがいらないことの影響が大きいような気がします。
朝晩2回快適に風呂に入っているにもかかわらず、省エネになっていることを考えると、やはりオプションでつけて一番よかったのはこれのように思います。

余計な情報ですがお湯の再利用には「風呂水ワンダー」を愛用中です。沸かし直し後やや塩素臭がありますが、一人暮らしでいちいちお湯を変えるのももったいないので・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。