2009年07月25日

まだ存在しない部屋を模様替え

仕事で外回り中に契約したタワーマンションの側を通ることが多いのですが、最近はかなり遠くからでもその姿が見えるようになってきました。竣工当初はいちいち近くに車を停めて、写真を撮ったりしてましたが、さすがにだんだん興奮も冷めてきて、最近は「ああまた高くなったな〜」と思いつつ通り過ぎるのみです。
8月中には最上階まで到達しそうですが、完成引渡しは来年の春ごろの予定です。まだまだ先は長く、特にイベントがあるわけでもなく、既に新居購入の興奮もありません。物件ホームページの更新もずいぶん滞ったままです。

私が引っ越したい第一の理由は「おうち暮らしを楽しむこと」でしたので、引越し後のインテリアもずいぶん時間を掛けて考えましたが、それも最近ではすっかりまとまってしまい、何を何処の店で買うかもほとんど決定済みです。
それどころか、買うつもりでいた家具などがこのインターバル中に製造中止になってしまい、今から模様替えを余儀なくされていたりします。

「新居をどんなインテリアにするか」は、関心の程度の差はあれど、だれもが悩む問題(であり楽しみ)でしょう。

いままでも何度か引越しをしていますが、その度家具の購入や配置を考えることにずいぶん時間を費やしたものです。
パソコンがない時代は紙に間取り図を書いて、家具の大きさに切った紙をあっちに置いたりこっちに置いたり、はては鳥瞰図を描いてみたり、とやってましたが、やはり実際に家具の配置をしてみると、思っていたように行かないこともありました。せっかくつけたコンセントが隠れてしまったり、動線が悪かったり。

今のワンルームに引っ越すときは、ネット上で見つけたオンラインの間取りプランナー(というような名前でした)を使って間取りを考えました。
どこかの建築業者がHP上で公開していたもので、あらかじめ用意された家具パーツをあらかじめ用意された部屋パーツに配置していくというものです。
無料で利用できるにしては3D表示などもできて、なかなか便利に使わせていただきましたが、そのうち見かけなくなってしまいました。

そのあともネットでそんなソフトがないかといろいろ探しているうちにみつけたのが「3Dインテリアデザイナー(今は3Dマイホームデザイナー)」というソフトでした。
スマッチブロガーの皆さんも多く使っていらっしゃるようですが、インテリア好き人間の自分としても、以前からいつかは欲しいと思っていたソフトです。
すぐに引越しや新築の予定がなくても、将来こんな家に住みたいな〜という気持ちで使っても楽しそうだったのですが、さすがに無駄に贅沢な気がして買うには至りませんでした。
でも今回は契約してすぐにオンライン購入です。
年賀状ソフトさえ、無料の限定版でやりくりしている人間が、基本ソフト以外で生まれて初めて購入した有償のソフトですが、これは本当に買ってよかったと思います。

今の3Dマイホームデザイナーはインテリア主体というよりも、一戸建てを全部建ててしまおうというソフトですが、マンションに多い梁や柱の出っ張りも視覚的に確認できますし、家具のパーツが十分多く、有名なメーカーの家具や建築資材などが登録されているので、ので、どんなソファを置きたいか、とかここに可動式の間仕切りをつけようか、などいろいろ試してみることが出来ます。
全てのパーツのサイズや色、材質を変えられますし、一からパーツを自作することもできるので、欲しい家具や既に持っている家具なども配置して確認できます。
おもしろいのが、日当たりを確認できることです。部屋の向きや日時を指定すると、日差しの入り方まで再現してくれます。
朝昼晩の風景も確認できます。照明の計画もできます。間接照明のプランを自分で立てるのも面白いですね。
建設予定地の写真などがあれば、登録すると部屋からの眺めも確認できます。
自分の身長などを登録して、自分の視点で部屋の中を歩き回って確認することもできます。

半年以上かけて「未来の住まい像」をこつこつ造ってきたので、今ではもうすっかり部屋全体をイメージすることができます。
ソファの位置などは窓に向けたり、窓を背にしたり、ずいぶんいろいろ変えてみましたが、やっと気に入った配置になりました。
欲しいと思ったカーテンも柄の画像をネット上で取り、登録して気に入った印象になるか試してみたりしましたので、あとはもう買うだけです。

ただもともと「模様替え」が趣味で、今までも引越しはしなくても家具の配置をしょっちゅう変えて、友人に「あんたのうちは行くたびに変わってる」と言われるほどなので、実際に引越しするまでには「今」のインテリアに飽きてしまい、すっかり違う部屋になるかもしれません。

初期に作ってボツにした寝室の画像。ずいぶん乙女な部屋です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。