2009年07月15日

マンション契約までの道のり 第2日目(後半)

日本人というのは住まいに求める条件として、特別「南向き」思考が強いのだそうです。
欧米では家の材質や構造上もともと大きな窓を造る文化がないとか、家具の日焼けを嫌うとか、淡い瞳の色のせいで日本人より暗い光を好むから、とかいろいろ理由はあるようです。
ネットでいろいろ読んでいても、「方角」の条件を捨てるだけで選択の幅は大きくひろがりますよ、という意見は結構ありますね。
昔自分が6年間住んでいたアパートは西北向きで、夏の日の入りに10分程度、壁の一部に日が当るだけの部屋でした。
でも思い返すとけっこう快適に住んでいたんですよね。
実際自分のことだけ考えたら、別に南向きである必要性はないのです。
一人暮らしで昼間は仕事してますから家にはいないし、洗濯物も必然的に室内干しです。
家に日差しが入る、といったって、日焼けはしたくないですから日の当らないところにいるでしょうし。
夏になれば高度が高くなりますから、南向きだって室内には昼間の日光はほとんど入らないでしょう。

ではなぜ南向きにこだわるかといいますと。

1.ガーデニングがしたい。

花を愛でるというようなガーリーな趣味ではなく、食うためのハーブを育てるのが好きです。今の賃貸でも、ローズマリー、タイム、セージ、バジル、山椒などは育っております。ただスペース的にはもう限界です。あとルッコラ、紫蘇、ネギ、コリアンダーも育てたいなあ。
なので植物が育つだけの日差しは確保できなければ困ります。

2.ペットのために。

マンションを買う理由の一つは猫を飼いたかったからです。
ワンコであれば室内飼いでも散歩にいくでしょうから日光浴もできますが、猫を室内飼いして日当たりが悪ければ、やはり猫の健康に問題がでてくるでしょう。

3.寝起きが悪い。

これは南向きよりも実は強いこだわりがあるのですが、「寝室に朝日が入る部屋」ということがはずせない条件です。
物心ついてより、いまだかつて一度として「気持ちのいい目覚め」というのを体験したことがない、チヨー寝起きの悪い人間です。
睡眠時間もいろいろ試してみたり、アロマや灯りの調整など寝る前の儀式もいろいろ試してみましたが、3×年間まったく効果なしです。
ただそれでもなんとか遅刻せず仕事に行けるのは、朝日が入る部屋に住んでいるからだと思うのです。
北向きの部屋に住んでいたときは、学生だったからでもありますが、20時間とか連続で寝てるときもありましたし・・

で、(ここまで前置きが長くてすみません)

理想的だった東南向きの2LDKの抽選にはずれた私は、うつろな気分のままモデルルームから帰路に着きました。
そのまま家に帰ったかというとそうではなく、なぜだかふらふらと行きつけの喫茶店へと向かってしまったのです。
そこは昔から通っていた顔なじみの喫茶店で、雑談はするのですがプライベートな話などは全くしたことがありません。
ですがその日はさすがにがっくり来ていたこともあり、またたまたま他のお客さんがいなかったこともあり、思わず「今マンションの抽選に外れてきたんですよ・・」とママに話しかけてしまいました。
えっという顔をしたママさんでしたが、さすがに長年いろいろな客の話を聞いてきた方です。うんうんと私の話を一生懸命聞いてくだざいます。
そして東北向きの物件を勧められたがガーデニングでできないので・・という話になったとき、ママさんがちょっと小首をかしげてこうおっしゃったのです。

「うちに来るお客さんで園芸家の方から聞いたんですけど、植物は一日に2時間日が当ればちゃんと育つんだそうですよ」

「人生を変えた一言」というものがあるなら、まさにこれが私の人生を変えた一言だといえる気がします。

その言葉を聞いた途端、「そうか・・!」と頭の中で何かが切り替わった気分でした。
その事実自体は、家を購入するという大きな決断の中では小さな情報かもしれません。でも自分にとっては、何か大きなタガがハズレた感じといったらいいのでしょうか、自分で決めていた様々な縛りも、意外と簡単に外せるものが多いのではないか、と気がつくきっかけになったのだと思います。

さらにその日はもう一つ、不思議なきっかけがありました。

頭の中に[E:flair]がひらめいた状態で、なかば心は宙に浮かんだままもぐもぐとランチを食べ始めたところに、一人の初老のお客さんがやってきたのです。
いかにも「社長」というイメージの「こわもて」「貫禄のある」方です。

するとママさんが、常連らしいそのお客さんにこう話をかけ始めました。
「最近いかがですか?この辺りも建設ラッシュですよねえ」
するとお客さんはそうだねえ、と、でも競争激しいからねえ、××建設も認可が降りなくて建設計画が頓挫したらしいし、○○不動産も売れなくって困ってみたいだって聞くねえ、などと話が進んでいくのです。
たまたま入ってきたお客さんは、近隣の不動産業(か建設業)の方だったのです。
ママさんは私が見てきたマンションの話を持ち出しました。
「駅前にもなんだかすごい高層マンションが建つみたいですね」
と、こわもての社長さんはこうおっしゃいました。
「ああ△△だろ。さすがにやり手だね、いい仕事するよなあ」

無関係を装いつつ耳をそばだてて聞いていた私でしたが、その言葉を聞いて思わずその社長さんに微妙に微笑みかけてしまいました。
(たぶん薄気味悪かったと思いますが・・)

やっぱり無関係な第三者のひと(で且つ専門家)からいい評価を聞くのは、なにより信憑性が高く感じるものですね。
心の中でママさんに感謝しつつ、家にもどってから改めて勧められた物件の検討を始めました。
携帯で撮ってきた日照図や、地図を見比べたところ、その部屋には午前中に2時間くらいと、夕方2〜3時間くらいの日当たりがあるようでした(角部屋なので)
間取りは申し分なし。角部屋になることで、明るさや通気はむしろよくなります。キッチンも抽選にはずれた部屋よりむしろ広いぐらいです。
そして夕方まで熟考した末、約束の時間の10分前に営業担当に電話を掛けると、とうとう「購入します」と伝えたのでした。

posted by さば at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション購入体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

マンション契約までの道のり 第2日目(前半)

昔から勝負事はからっきしです。
くじに当ったこともなく、じゃんけんでは98%ぐらいの確率で負けます。
トイレ掃除の当番を決めるとき、クラスの女子全員でじゃんけんしていきなり自分一人負けたこともありました・・
(今思い返すと、じゃんけんの一回目は必ずチョキを出すという不文律があったのですね、あの頃。馬鹿はパーを最初に出す、みたいに言われてたせいで・・)

私が申し込んだ部屋は中層階の南東向き2LDKでしたが、ここは百数十戸ある中でも最も抽選倍率の高い部屋になりました。
以前にも書きましたように、まだまだシングルがマンションを買うなどということが社会的に認知されていない地方都市において、そもそも2LDK程度の広さで南向きの物件というのがまず出てこないわけです。
人気の方角にはより広く、ハイグレードな間取りを持ってくるのがやはり一般的でしょう。
それが何でまたこんな出物があったかというと、このタワマンの南側、びっくりするほど近い距離に、普通の高さのマンションが建っていたためです。
 なので低層階ではほとんど陽が入らない上に、向かいのマンションと互いに視線を気にし合うような配置になってしまい、結局同じ間取りの2LDKで、ちゃんと陽があたる部屋は、向かいのマンションより高い階に、3戸しかなかったのですね。
そして「友の会会員向け先行販売」においては、さらにそのうちの一部屋しか売りに出されなかったため、その部屋だけ飛びぬけて高い抽選倍率になってしまったのです。

ちなみにこのタワーマンションの売れ行きを見ていたところ、小ぶりな1LDK〜2LDKから売れていき、かなり早い時点でシングル・ディンクス向け物件はなくなっておりました。
まだ完成まで半年以上あるなかで、現在9割近くが売れたようですが、残っているのはやはり広い部屋ばかり。
また近辺で販売中のファミリー向け物件も、どれもかなりの苦戦状態と聞きます。
どう考えてもシングル・ディンクス向けマンションの需要は高いと思うのですが、なんでどのデベロッパーも作ろうとしないんですかね。

さて抽選はモデルルームの見学に行った翌週の土曜日でした。
夕方言われた時間に部屋で待っていると営業担当からの電話が・・
自分のくじ運の悪さから予想はしていたものの、やはり抽選にハズレたという連絡でした。
とはいえこの時はまだあと2部屋あるし・・という気持ちもあり、あまりがっかりもしなかったと思います。
続けて営業担当は思わせぶりにこう言いました。
「明日10時きっかりにモデルルームまで来ることはできますか?そうすれば残りの2部屋をなんとかできるかもしれません・・」
どうゆうことだと思いつつも、とりあえず動かなければ可能性はなくなるわけですから、当然行きますと返事をしました。

そして次の日。
約束の時間にモデルルームに着くと、すでに数人の購入希望者らしき人たちが待っていました。
営業担当のもってまわった言い方に何が起こるのかと思っていましたら、なんのことはない、結局また希望を取って抽選するという話でした。
だったらはっきりそう言えばいいのに、何でぼかしたような言い方をしなきゃいけなかったのか、今でもよく分かりません・・

さて私の条件に合う部屋はあと2つです。営業担当の話では、同じ間取りの希望者が私を合わせて4人ということでした。他の人はもう欲しい部屋を指定済みとのことで、眺望を考えて第2希望だった部屋を私が選べば倍率は3倍、もう片方を選べば2倍、という状態でした。
どっちにしても抽選になるわけです。3倍も2倍も同じのような気もします。
生涯の住まいとなるかもしれない部屋を、その場で5分程度のうちに選らばなければならないという、ある意味人生の中で最も切羽詰った決断を迫られた瞬間でした。
そして選んだのは第3希望の倍率2倍の部屋でした。
少しでも倍率の低いほうをという思いからです。なんとも小心者の決断ですね。

抽選は福引大会などでよくあるガラガラによりました。ガラガラを回すのは例の営業担当でした。
抽選は何部屋かあり、決まった人から抽選会場(ビデオルーム)を出て具体的な契約話のため談話室に移動していきます。
なんとなくうそっぽさのある、でもそれなりにどきどきするような空気の中、いよいよ自分の部屋の番が来ました。
1番の玉と2番の玉、どちらかを選んでくれとのこと。相手はなんと会場に来ておらず、電話参加だといいます。(じゃあ何で私は来ているのか・・?)
選んだ玉ともう一つの玉を営業担当がガラガラに入れ、ぐるんぐるんと回します。ぽとりと玉が飛び出します。息を呑む瞬間・・!

ハズレ・・・il||li _|‾|〇 il||li

自分の営業担当が回したガラガラで、会場にさえ来ていないやつに、2分の1の確率で負けるとは・・・

くじ運の悪さは昔から自覚していたとはいえ、この瞬間は本当に「ぷしゅー」とか音を立てて口からエクトプラズマが出そうに気が抜けました。

言葉も出ないほど気の抜けた状態のまま談話室に連れていかれ、目の前で営業担当がなんどもすみませんすみませんと繰り返しつつ頭を下げます。
私は決して横柄とか人に冷たいほうではないと思いますが、この時はとても「もういいですよ〜あなたのせいじゃないんだから」などといえる気分ではありませんでした。腹が立ってというよりとにかく気が抜けて・・

この物件は結局縁がなかったんだろう、今はまだ買うときではないということなんだろう、と、とりあえずなんとか頭の中で折り合いをつけるべく無駄な努力をしているうちに、営業担当が他の部屋の間取り図を持ってきました。
他に希望に合う物件はないかというのです。
既に間取り図は何度も目を通しており、いまさら他に欲しい部屋もありません。上層階はそもそも予算的に無理です。
「これはどうですか」「西日は嫌いです」
「ではこれは」「対面式キッチンでなければいやです」
とかやっているうちに、ふと改めて目に留まった間取りがありました。
東北向けの2LDK。プランセレクトで1LDKに変更可。対面式キッチンにベランダに出られる勝手口有り。おまけに角部屋。収納の配置も使い勝手がよさそうです。
東北向きということさえなければ、抽選した部屋よりむしろ条件が合うのでは・・とその時改めて気がつきました。
でもでも、ガーデニングもやりたい自分にとって、また一生住むかもしれないということも考えて、やはり日当たりは重要です。
ちょっと考えて見ます、と返事して、私はとぼとぼとモデルルームを後にしたのでした。
posted by さば at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション購入体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

マンション契約までの道のり 第1日目

さてマンションの資料請求(正確にはデベの友の会入会申込み)の次の段階は、モデルルームの見学と仮申込みまで一気でした。
もう半年以上前のことなので、正確な経緯は覚えてないのですが、仮申込みがないと希望の部屋が抽選に掛からない、という話だったと思います。

※マンション販売の広告を見ていると、必ず「第1期即日完売」などというキャッチコピー(?)が出てきます。
それだけ見ると「一日で完売するなんて人気がある物件なのかな〜」と思ってしまいますが、何のことはない、最初から希望が出ている部屋だけ抽選・売りに出すわけですね。

とりあえず見学で覚えていることを書きますと。

1.入り口の待合室で住所氏名を記入。
それほど強い関心がなければ細かく記入する必要もないのかもしれませんが、私は職業などまで結構詳細に記入しました。大体第1期販売前友の会優先販売(というような呼ばれ方だった)に見学に来ているのに、関心薄いとは思われないでしょうし。
ヘンに無関心を装うよりも、詳細に書いた方が、真剣に購入を検討しているとみて誠意を持って対応してもらえるかな、とはなんとなく思いました。

2.ビデオ見学。
既にHPにある情報以上のことは無し。完成予想CGや、地域の将来性といった内容だったかな・・

3.模型の見学。
既に免震構造や周囲の道路計画などHPでも分かっていた情報を、またご丁寧に説明されました。(もちろんHPなど見ないで来る人もいるのでしょうから不要な手順ではないのでしょうが)
自分はすでに知っていた情報でしたので、そこはすっとばしてもらい、購入希望の部屋の日照や、エレベータの構造や停電の場合の対応、万一の場合の避難経路、来客用の駐車場がどうなっているか等がんがん質問してしまいました。
後で営業の人と個別に話す機会があるので、そこで聞けばよい質問もあったかもしれませんが、模型見ながらの方が分かり易いこともありますし。
日照などはちゃんと日照図も持ってきてくれて、希望の部屋で何時まで日が当るか等確認することができました。

4.いよいよモデルルーム見学。
そのタワーマンションは高層階が特別扱いになっており、ゴミ出しやインテリアオプションなどで下層〜中層階と差がつけられてました。モデルルームは上層階向きのオプションになっていたのですが、部屋に入る前にしつこいくらいその点を念押しされました。つまり「今から見てもらう部屋みたいなゴージャスな部屋に住めるわけじゃないんだから勘違いしないように!」というわけです。
そして部屋に入る手前のスペースに、「セレクトプラン」の見本と、下層階に入る水周りの見本が別に用意されておりました。
「セレクトプラン」は最近のマンションには多いのだと思いますが、ドアや床などの色・材質等が数種類用意されていて、ある程度好みに合わせられるというものです。
私がそのマンションに惹かれた理由の一つがこの「セレクトプラン」でした。
どうしても実現したい理想の一つに「白いフローリング」があったのですが、デベのHPにはその白いフローリングの部屋が見本として載っていたのです。
ただ実際は全てのマンションに共通のプランがあるわけではなかったようで、このマンションのプランの中に希望していたようは白いフローリングはありませんでした。
ただし、グレードアップとして用意されていたオプションの中にかなり希望に近いフローリングがあったため、この条件は何とかクリアとなったのですが。

さてやっとモデルルームに入りますが、これがなんとも現実離れしたお部屋でした。
イメージが貧困なので表現も貧困になってしまいますが、私が受けたイメージは「六本木ヒルズで毎晩パーティを繰り広げるIT関連会社セレブ社長の部屋」です。
なんとなく暗めの照明に一つ一つがどでかい家具、大理石を張り巡らせた玄関やバスルーム、極めつけは6畳分は使ったバーコーナーでしょうか。
やっぱりあれですかね、タワーマンションに住もうと思うような購買層てのは、一般のファミリー層とかとちょっと違うところに設定されているんでしょうかね。
首都圏ならともかく一地方でどれだけそんな部屋に需要があるのかと思いますが。
案内してくれる社員の人も、「これはオプションなんで・・」と一つ一つ断りながら、結局オプションじゃないとこはないじゃん、ぐらいの参考にならなさで、社員自らもっと参考になるようなモデルルームにすればよかったんでしょうに・・と言わしめるほどのモデルルームでした。(まあ高層階買う人にはそうじゃないんですけどもね・・)

たまたま自身の好みとは完全に相容れなかったモデルルームでしたが、それでも得るべき情報は一杯あります。
ここでも初日からがんがん飛ばし、どれがオプションじゃないかを確認しつつ、壁の素材、天井の高さ、下がり天井の位置、ベランダの広さや構造など確認してきました。
 一つ最後まで確認できなかったのはクローゼットの造りです。モデルルームにはウォークインクローゼットしかなく、私が希望していた物件は通常のクローゼットしか付かないものだったので。
 また見学に行くより前に、希望の間取りにテレビやパソコンの置く位置なども既にイメージが出来上がっていたのですが、あらかじめ送られた間取り図には希望の位置にコンセントがなく、その増設が出来るかも聞いてみましたが、ここでは「後に営業担当から聞いてください」とのことでした。
 どうもここで「デベの社員」と思っていた人たちは、インテリア会社からの派遣だったようです。

5.営業担当と個別面談
モデルルーム見学が終わったところで、談話室みたいなところで営業担当と個別にお話をしました。
「何か聞きたいことはありますか」と聞かれましたので、間取り変更やオプションの可不可、長期修繕計画、駐車場の抽選、管理規約などについて尋ねてみました。
がっかりしたのはあらかじめ決められたセレクトプランやオプションからの選択以外、自由が全くなかったことです。
コンセント・照明・収納など、移動・増設は100%不可でした。
やるのであれば入居後に、自分でリフォーム業者を頼め、ということです。
事前にネットから仕入れた情報では、コンセントの増設ぐらいはオプションで出来るところが多かったのですが・・
デベ曰く、タワマンで100件を越す部屋を一度に施工するのだからそんな細かいところまで回らないとのことで・・
(さすが殿様商売と悪評高い地元有力デベでした)
また長期修繕計画や管理規約なども確かその日に見せてもらいました。
が、これは正直事前に確認したからといってどうにかできるものではないですね。
どちらもあくまで「案」ですから、どう転ぶか分からないわけです。
管理組合については「入居者で管理組合を結成し、管理会社へ委託する」というのは一般的なのでしょうが、管理組合はデベの子会社か関連会社になるのですね。
これについてはこれまで実績のあるデベですから、まあそれほど素人仕事ではないだろうと思うしかないです。あとは入居者による管理組合がどれほど機能するかですね。
これも多数世帯のマンションだから積極的な人も多くいる可能性があるかなあ。ぐらいですかね。この辺りは完全に「寄らば大樹の陰」です。

私はペットを買いたいということも購入動機の一つで、それが管理規約で否認される可能性があるか心配でした。
営業担当に聞いてみましたら、「原則多数決だから可能性としてはないとは言い切れないが、ただ否決された話は聞いたことがない」ということでした。
つまりデベが可不可を決定する訳ではなく、デベが原案として作成した管理規約(案)では一軒につき2匹までOK、とか決められているけども、その(案)は組合で承認されて初めて決まるものだということです。
これもどうしようもないことなので、否決される可能性の低さに賭けるしかないですね。

こまごまとした不満や不安はありましたが、全体として購入を諦めるほどの理由はみつからず、その日の内に仮申込書に判を押して帰ってきました。
ここはまだ認印です。また申込金も不要でした。
私が希望した部屋は他にも希望者が多いということで、一週間後の抽選日の連絡を待つことになりました。

posted by さば at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション購入体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。