2011年05月15日

大型液晶テレビ全盛の時代に。

私が引っ越しをした時期は、ちょうど「エコポイント」の真っ最中でした。
またもうすぐデジタル化完全移行になることも考えると、テレビの買い替えは当然の選択と思えましたので、当時はそれなりにいろいろ検討もしました。
が、考える程に、「買わなくてもいいんじゃないかなあ・・」と盛り下がってしまい、結局10年前から使っているテレビのままになってしまいました。

理由その@ 「大型テレビはカフェっぽくない」
インテリアを検討するのに雑誌やらネットやら、いろんな部屋を参考にしましたが、大型テレビが「どーん」とある部屋で、「おしゃれな」部屋や「かっこいい」部屋はあっても、「カフェっぽい」部屋にはならない気がしたのです。「3Dマイホームデザイナー」を使ってシュミレーションをしていても、大きなテレビを置いたとたんにカフェっぽさ激減です。

理由そのA 「決まった場所でしか見られない」
まあこれは大型でなくても同じではありますが。あんまりテレビっ子でない自分は、下手をすると夜に部屋でテレビを見るのは月に数回、なんてこともざらです。もし見るとすれば、何かしながらです。料理しながら、洗濯しながら、洗濯物たたみながら、だと、ポータブルテレビの一台でもあれば、家の決まった場所にでんとおかれた大型テレビにはほとんど用がなくなってしまいます。

理由そのB 「もったいない」
今のテレビはシャープのAQUOS20型です。当時自分では思い切って買ったぜいたく品でしたが、その時の電気屋さんの言葉に、「液晶はブラウン管より寿命が長くて、20年位持つ」というのがありました。まだ10年しか使ってないのですから、寿命の半分です。今までがブラウン管だったら買い換えたかもしれませんが、なんだかもったいないなあ、と思ってしまいました。

理由そのC 「置く場所が無い」
最近は、特に北向きの窓が、高いところについたデザインの家が多いそうです。理由は大型テレビを置くための壁スペースが必要だから、という・・
我が家は角部屋で、リビングの2面がまるまる窓、という構造のため、大型テレビを買っても置くスペースはありません。(1面のみ丸々壁ですが、そこは本棚にする予定だったので。)

というわけで、いまだに10年物のAQUOS20型です。ただし、引っ越しを機に買い足したものが一つ。


テレビの「足」です。

これで部屋の何処にいても、そっちに寄せて向けて、見たいところで見れるようになりました。
デジタル化についてはケーブルテレビに入ったので、そのチューナーで対応できますし。
うちに来る友人にも結構好評で、最近大型テレビを買った親戚も、「こっちの方がよかったなあ」と言ってました。

ただ心配が一つ。大型テレビ全盛の世の中で、この足付サイズのテレビが次の買い替えの時期にも販売されているだろうか、という・・
まあその頃には、「くるくる巻いてしまえるテレビ」みたいのが売り出されてるようか気もしますが。
posted by さば at 23:56| Comment(0) | おうちカフェ計画〜家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。