2011年05月09日

ベランダガーデニングの弱点は

とうとうゴールデンウィークも終わってしまいました。
うちの職場は完全に暦どおり(それも第5土曜日は営業日がく〜(落胆した顔))なので、ものすごい飛び石連休でしたが、それでもここ数年で初めて休日出勤はしないですみました・・結果一日も出かけない休日でした。食って寝て本読んでネット見てちょっと家事して・・のひたすら繰り返しです。でも怠惰な休みって楽しい黒ハート

暖かくなるこの時期は、ガーデナーにとっては大事な苗の植え替え・種まきのシーズンです。
毎年一応植え付けだけトライはするが、仕事に振り回されて結局枯らしてしまう、というのををここ数年繰り返しておりましたヘボガーデナーの私としても、せっかく「終の棲家」を手に入れたのだから、心置きなく土やら鉢やら買い込んで、今度こそ「らしい」ベランダガーデニングに挑戦しよう、とGWに向けて少しずつ準備を進めておりました。

わたしの部屋は角部屋で、面積でいうなら居住面積とほぼ同じになるぐらいのベランダがあります。
東北向きのため、植物が育つほど陽があたるかどうか、引っ越すまでは心配もありましたが、実際住んでみると、結構な日当たりです。朝は日の出から9時くらいまで、夕方は3時過ぎくらいから日の入りまで、夏の夕方などは西日が熱いくらいです。方角に対して建物が完全に北向き、とかでなく、やや斜めになっているおかげですね。(角部屋の角が真北を向いている感じ)

なので以前からうちにいた瀕死の植物たちも、そこそこ育つ環境はありました。
それをなんで枯らしてしまうかというと、水をやり忘れるのですもうやだ〜(悲しい顔)
マンションに越してきてびっくりしたことの一つが、ものすごい「風」です。
タワマンに住んでいる方のブログなど読んでいると、高層階のベランダでは土が飛んでいってしまってベランダガーデニングなど無理、という話をよくみかけましたが、実際引っ越してきてみると、低層階ながらウワサどおり、いつベランダにでてもけっこうな風が吹いています。
「春一番」の時などは、風切音がまるで台風が来たかのようでした。
なので通常のペースで水をやっていると、はっと気がついたときにはからからに乾いている、ということになってしまいます。仕事が立て込んできて帰りが遅くなると、暗い中ではなおさら乾いた土に気がつかなくなっていたのですね。

そんな反省も踏まえて、今回はとりあえず、ベランダではなく、室内でハーブを育てることにしました。ベランダならぬインドアガーデニング(?)です。

北の角近くに鉢を並べれば、朝日も夕日も当たって室内でも十分育つようです。

110504.jpg

ちなみに向こう端に写っているのはフロアランプです。
たまたま同じサイズだったので並べてみました。

鉢も土も重いので通販で頼んでしまいました。近くのホームセンターでは手に入らないおされな鉢を部屋まで届けもらえてありがたい限りです。


上手くいったら今度はすぐには土が乾かないような、もっと大きなプランターで、ちゃんとしたベランダガーデニングもやってみようかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。