2011年05月04日

初めての固定資産税

入居して1年以上が過ぎましたが、先日市役所から初めての固定資産税納税通知書が送られてきました。

固定資産税は、その年の1月1日時点で固定資産を所有している場合に、その資産の固定資産税評価額に基づいて納付することが義務付けられている税金です。
なので1月2日に建物を取得しても、翌年の春まで固定資産税の負担は発生しません。
12月30日に取得すると、半年たたないうちに納税義務は発生します。

固定資産税評価額は、「時価」とは違います。「時価」の定義というのも実は画一的に決まるものではないのですが、一般的には、土地については「公示価格(国が提示する時価)」の7割程度になることが多いです。

土地と違って建物は、年を追うにしたがって価値が下がっていきます。当初の建物の価額も、購入者が支払った金額によらず、総務省が示す固定資産評価基準に基づいて、各市役所で算出しており、そこから年数経過による減価率等を加味して毎年の評価額が決定されます。

住まいを新築すると、必ず市役所の固定資産税課が「実地調査」にやってきます。ここで建物の構造など調査して固定資産税評価額の算出基礎を決めるわけです。

さらに一定の条件に合う住宅には、軽減措置もあります。同じ構造の建物でも、居住用か、それ以外として使うかで税金が違う、ということです。また購入して3年(または5年)は実際の固定資産税額の1/2の支払で済むという軽減措置もあります。

さらにさらに、マンションの場合は、各個毎に評価額が決まるわけではなく、建物全体の評価額を持分で面積按分して計算されます。
マンションを買うときには、例えば同じ間取りでも、2階と35階では分譲価格は倍も違う、ということがざらですが、固定資産税については、同じ間取りなら2階でも35階でも同じです。

まあそんなこんなで、固定資産税がいくらになるかを事前に予測するのは、「かなり」難しいのです。

仕事柄、他人の固定資産税を扱うことはしょっちゅうなので、ある程度金額の見込みはついていましたが、自分が払うのは初めてですので、いくらになるか、自分の「読み」はあっているかと半ば楽しみに(?)待ってました。

うちは2人でも住めるぐらいのやや広め1LDKで、予想は年税額で6万〜12万の間位と見ていましたが、
およそ8万円でした。(1/2の軽減後)

生涯家計簿では多めの12万で設計してましたので、気持ち的にはちょっと儲けたわーい(嬉しい顔)ぐらいの感じで、わりによい気分で納税に行ってきました。
それと今後面倒なので、ついでに口座振込手続きも済ませてきました。

ところが2週間ほどして、再度市役所から通知が届いたのです。
口座振替の手続き完了のお知らせかな〜と思いながら開封すると、なんとexclamation通知された税額の計算が間違っていたというお知らせでした。

ぐだぐだと間違いの理由が書き連ねてありましたが、要はマンション全体で計算するときに、計算に入れ忘れていた部分があったということで、数千円は金額が増えるということです。
クライアントの中にも、なんの理由もなく、ある年固定資産税の金額がえらい増えたので、固定資産税課に確認したところ、計算間違いだったということで還付されたということがありました。
固定資産税は例えば自動車税などと違って、土地や建物によって評価が細かく分かれ、また時価そのものに変動があり、毎年評価が必要なので、結構間違いが起こりうることは知っていましたが、やはり増えるというのはいやな気分です。

固定資産税を納付されている方は、毎年のことだからと払いっぱなしにせず、せめて前年の額との比較はされた方がよいかもしれませんよ。
posted by さば at 15:49| Comment(0) | マネープラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。