2009年07月20日

春日の「ケチ」に自分の姿をみる


「オードリー」にここんとこずっとハマリ中です。
ネタもおもしろいし、ネタでない部分もおもしろい。
春日はこどもたちに大人気だそうですが、分かる気がしますねえ。
こどもに人気が出る人って、ただキャラクターが強烈なだけでなく、根のところに人柄の良さがないと無理だと思うのです。
若林が「春日が人の悪口を言ってるのを聞いたことがない」とよく言ってますが、いかにもそんな人柄が伝わってきます。
ちなみに春日の横で影が薄いといわれている若林もすごいなあと思いながら見てます。なんといっても「春日」を作り出したのは彼なんですし。動物が苦手で、「動物奇想天外」で気絶しそうになりながら動物の相手してる若林くんは可哀想で十分おもしろいです。(春日は動物大好きです。楽しそうに動物と触れ合ってる春日も高感度大です。)
二人そろっての「オードリー」が好きです。

ところで必ず出てくる春日の話題に「節約ネタ」がありますが、あの精神性は正直かなり自分に通じるものがあります。ディフォルトの状態の自分はあれに近いです。
ティッシュを一枚普通に使うことにものすごく抵抗があります。
ファーストフードについてくるペーパーナプキンは使いませんし(ハンカチ持ってればいらない)、使わない分は捨てずに持って帰ってきます(そして大量に溜まってます)。
食べ物も残せません。
本を捨てられません。服も捨てられません。
買った弁当などに付いてきて使わなかったソースや七味なども捨てずに取っておいて料理に使いまわします。
牛乳パックやペットボトルをゴミに出すなんて罰当たりに思えてできません。
職場や他人の家で洗い物をするときに、水道水をざーざー出されると心が痛みます。

「かじる脛」のない家庭に生まれて学生自体も奨学金とバイトで生計を立て、今も奨学金を返済し続けているような状況ですから、もともと贅沢ができない星の元に生まれたこともあるのですが、そうは言っても同じ家庭で育った兄弟は私から見ると怖いような金銭感覚を持ってます。自分のケチは生まれつきだなあと思います。

普通家計簿をつける目的は「節約」のためでしょうか。
私の目的は逆です。「いくら使っていいか」を知るためにつけてます。

社会保障制度は年々崩壊し、将来いくら年金をもらえるかもわかりません。
またいつどんな病気や怪我で働けなくなるかもしれません。
老後寝たきりになるかもしれません。
そうでなくても老後の生活費も自分でためなければなりません。

だから貯金をしましょう、といいます。
無駄な出費を省いて、将来のために、万一の場合のために少しでも多く貯金をしましょう、となります。

でもじゃあいくら貯めれば安心なのでしょうか。

たぶんいくら貯めても「安心」はできないと思います。

犯罪や災害に巻き込まれて財産を失うかもしれません。
戦争が始まるかもしれません。
温暖化や地震や火山噴火で住む地がなくなるかもしれません。

なにより「老後」まで生きているかどうかも分かりません。
「今」の生活を押さえ込んでまで節約して、「老後」に入ってさあ贅沢しましょうと思った矢先にあっけなく亡くなってしまった方の話を聞きました。
その人は納得して亡くなったのでしょうか。後悔しながらでしょうか。

「エコ=節約」は悪いことではありません。地球のために出来る節約はしたいと思います。でも地球のため、自然のためになる究極の「エコ」は、この世から人類がいなくなることですよね。もしくは全ての「文明」を失うことです。
でも人類の進化も自然の過程の一つです。生まれてきた自分も自然の一部です。自分がここで死んでしまえば人ひとり分空気もきれいになるでしょうが、生まれてきてしまった以上、文明の中でそのルールに従って生きることも「自然」の流れの一部でないかと思います。

私の生涯型家計簿は、そんな諸々の気持ちに折り合いをつけるためのものです。

対処できる不安と対処できない不安を整理し、対処できる不安に対応できるだけの準備をする。
そして今使っていい生活費を正しく認識して、後で後悔するほどの倹約には走らない。

放っておくとどんどん自分がケチに走ってしまうので、「これだけは使っても大丈夫なんだよ」と自分に言い聞かせるための家計簿です。

また昔は漠然とした将来の不安に押しつぶされそうになっていた時期もありましたが、家計簿で将来の見通しを立てることで、最近はずいぶんそういった不安が割り切れるようになりました。

でも実は最近また「節約」志向に偏向しています。
グルメや趣味など今楽しめばいいことも、「引っ越したら思う存分楽しむぞ」の気分になってしまい、今の生活費は今年の予算の7割程度に収まってしまってます(最低限の食費と光熱費ぐらい)。
これで引越し前に死んだら後悔しそうなので、意識して今を楽しむよう心がけたいと思います。
posted by さば at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | マネープラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サバ様、 初めてコメントお送りさせていただきます。いつも実直な内容と整った文章に魅せられて、時々お邪魔させていただいております。今回のエッセイに書かれた、”究極のエコとは…”に寄せる気持ち、私も以前から朧げに感じていたことで、(でも、世間やマスコミでは、こういう一歩引いた見方は見たことが無く)、大変共感いたしました。 おそらく、普段から堅実に暮らしていらっしゃるからこそ、エコや節約を身に付いた当然のものとして、”生活を楽しんだり、人生を充実させていゆく”というライフスタイルがおありになるのだろう、と存じます。 新築のマンションを購入されて、じきに始まる新居での生活の様子も、ブログで拝見するの、とても楽しみにしております。[E:clover]
Posted by サマンサ at 2009年07月20日 15:40
サマンサ様、こんにちは。コメントありがとうございます。過分なお褒めの言葉を頂いたようで恐縮です(汗)。「エコ」や「節約」、「人生を楽しむこと」や「贅沢」に対する考え方というのは人それぞれ違うのでしょうし、自分の中でさえ折り合いをつけるのが難しいことだといつも思います。だらだら書き連ねた文面ですが、共感の言葉をいただけて、とってもうれしいです。こういう話というのはなかなか周囲の人とは話題にも持ち出しにくいようなことですが、ブログでこうしてお話ができるというのは素敵なことですね。 新居に移るまでまだ半年以上もあるのでこれからどうなっていくか分かりませんが、その時々の気持ちなども無理せず書いていけたらなあと思います。 今度ともどうぞよろしくお願いします[E:happy01]。
Posted by さば at 2009年07月20日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。