2011年05月22日

マンション住設つれづれB 食洗機

マンション購入を決意した理由はいろいろありますが、そういえば、きっかけの一つは食洗機でした。
結婚している友人の家に遊びに行ったときに食洗機を使っているのを見て、いいなあと思ったわけです。で購入しようと検討を始めたのですが、当時住んでいたワンルームでは、まったく設置のスペースがなく、狭さを再確認したことが、マンション購入への道を加速させたのでした。

最近のマンションは食洗機が標準装備のところも多いようですが、うちはオプションでした。
営業の方に聞いたときは、機種は選べないが、建設時点で最新の機種をつけます、とのことでした。
よってひとり暮らしにも関わらず、4-6人用の標準サイズの食洗機が入ってますが、サイズ的にはこれでも大きすぎることはなかったです。

これは、使う食器の種類によるようです。
はじめての食洗機なので使い勝手の比較はできませんが、4-6人分の食器が詰められるとはいっても、そもそもその人数が同じ種類の食器を使っていることが前提の構造になっているわけです。

食洗機は「洗う」というより「洗い流す」ものなので、食器の間にわずかでも隙間がなければならず、同じ形の食器なら、並べて入れればより狭いスペースにたくさんの食器を並べることも可能です。
が、ひとり暮らしの場合、食器は全て一人分ですから、入れられる食器の数は相対的に少なくなってしまいます。

うちの食洗機の内部は、いくつも「ピン」が並んでいて、その隙間に食器をはさむ構造になっています。私の場合は、暖かい飲み物をよーく飲むので、ポットやカップの数がものすごく多いのですが、このピンの並びがそもそも皿や茶碗を基準につくられているので、なおさらうまく並べられません。

この内部の「ピン」がある程度選択できるとか、自分で幅や向きを変えられるようなつくりだと良かったなあと思います。もしくはそういう別売り品があるとか。

まあでも設置したこと自体はとても満足しています。
「ひとり暮らしで食洗機なんか要るの?」といわれたこともありますが、毎日3・4時間の残業当たり前、土日出勤もしょっちゅう、なんて状況では、大型テレビなんぞより、時短できる家電のほうがずっと重要ですよ。

また時短もさりながら、私は家事をやるようになって以後十数年、「主婦湿疹」に悩んでいて、いくら手袋をしても、薬を塗っても、指に出来るぷつぷつの細かい水ぶくれ(そして時々破れて膿と血でびちょびちょになる・・がく〜(落胆した顔)ひぃぃ〜)から逃れられないでいたのですが、それが出来なくなったことが一番ありがたいです。
(化学洗剤がだめなので手洗いの時も石鹸・重曹・クエン酸を利用するようになりだいぶましにはなりましたが、どうも洗剤よりも、スポンジがダメのようです。スポンジを使い捨てにすればいいのかもしれませんが、それもかなりもったいない気がします・・)

冷蔵庫や電子レンジという家電と比べると、食洗機はまだまだ必需品というよりは贅沢品という感覚があったのですが、手洗いより光熱費も節約になり、なにより時短に効果的です。
便利な家電が出てくると、家事の手抜きとか言い出す人もいますが、昔の人から見れば、電子レンジや掃除機、洗濯機、乗用車だって手抜の贅沢品でしょう。どこまでが必需品で、どこからが贅沢品なんて客観的な線引きはないですものね。

ちなみに金額は、ビルトインタイプの場合、設置型の4〜5倍します。「ビルトイン」になるとなんでこんなに価格が跳ね上がるのでしょう。といいながらビルトインで頼んでしまった自分のことを考えると、それでも払う人がいるから、ということなんでしょうね・・

うちで使っている食洗機専用洗剤
タグ:食洗機

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。