2009年06月19日

私はどうして引越しをしたいのだろう。

今の住まいはごく普通のワンルームマンションです。
数年前、仕事の都合であわてて見つけたにしては条件がそろっていて、当初はいい物件を見つけたと喜んでました。
今でも思い返せばやはり悪い物件ではないのです。
新築、最上階、駐車場付なのにかなりお値打ちな家賃、中心街の職場へ直通のバス停も近く、街まで歩こうと思えば歩ける程度の距離。南向きの窓の外は(なぜか)畑が広がり眺めもよい。玄関照明はセンサー式、対面式システムキッチン。1.5間とワンルームのわりに充実した収納(トイレにも収納あり)。宅配ボックス付(特にこれがありがたい)。共同玄関と各戸の玄関は暗証番号式キー、モニター付で比較的セキュリティも確か。光回線対応。そして大変静か。

それがなんで引越したいと思うようになってしまったのか。
一言でいうなら「ここに住むということを楽しめていない」ことに気がついてしまったからです。

「おうち大好き」人間の私の興味関心は、全て家で楽しむことばかりです。
なのに、引越し後の生活を考えてみたところ、

料理が楽しめてない。
ガーデニングが楽しめてない。
インテリアが楽しめてない。
読書が楽しめてない。
まったり安らぐことが楽しめてない。

とまったく楽しめていなかったのです。

残業続きでワークライフバランスが崩れまくっているため、この楽しくない毎日はそのせいかと思っていたのですが、どうもそれだけではない。

でよ〜く考えてみたところ、

料理が楽しめていない→対面式キッチンがものすごく狭い(通路巾65センチ)。しゃがんでキッチンの扉を開けようとするだけでも一苦労。コンロ向かいの冷蔵庫置場との巾もギリギリで、冷蔵庫からものを取り出すのに自分がコンロにぶつかる。フライパンでも置いてあると身体のどこかがぶつかってひっくり返しかねない。調理台の巾は30センチ。キゃべツとまな板置いたら皿がもう置けない。電子レンジを置くスペースもない。

ガーデニング→ベランダの狭さ。将来引っ越す可能性を考えると土や鉢など重いものを増やせないと自分にブレーキを掛けてしまう。

インテリアが楽しめない。→最低限の家具以上何も置くスペースがない。借家ですから、うかつに壁にピンを打って絵など掛けることもできない。

読書→スペースがないのでこれ以上本も買えない。

まったり安らぐ→お気に入りのニーチェアを広げるスペースもない。ペットも飼えないので癒しもない。アロマテラピーを楽しもうとしても、ワンルームなので一日中同じ香りが残ってしまい、場面によって香りを変えて効果を楽しむこともできない。

結局楽しくなさの原因は、突き詰めると部屋にあったのでした。

そしてふと気がつくと、毎日毎日ネットで不動産サイトを検索しまくっている自分がいました。

今の不満が解消される住まいであれば、賃貸でも、購入でも、マンションでも戸建てでもいい、とひたすら不動産情報を眺める日々。

検索条件はきっちり決まってました。
現在の住まいのいいところはそのままで、もう少し広くて、ペットOKの物件、というだけです。
特にはずせなかったのは宅配ボックスです。通販大好き(出かける買い物が大嫌い)でひとり暮らしの人間にとって、こんなに便利なものはありません。

ところが、実際何年も探していたと思うのですが、この条件(ひとり暮らしにはやや広ぐらい、ペットOK、宅配ボックス)に合う物件はほとんどないのです。
特に賃貸では全滅でした。
戸建てもセキュリティ面や広さ(ひとり暮らしには広すぎる)を考えるとあまり住みよいとは言えませんし。宅配ボックスなんかもちろん付いてないし。

で、これは引っ越すとしたら築年数の浅いマンションしかないなあ、ということがだんだん印象として浮かび上がってきたのでした。




posted by さば at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション購入の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

生涯型家計簿。の2

生涯マネープラン、などと書くと大仰ですが、基本構造はいたってシンプルです。
縦が年齢。横に収入と支出を項目別に入れていくだけです。
 A    B    C      D    E     F     G     H    
年齢  給与  収入計  家賃  生活費 車関係費  支出計 残高 
25
26
 ・
 ・
 ・
みたいな。

項目はどれだけでも増やせます。私の場合は、他に所得税、社会保険料、生命保険、旅行に行ったり家電を買い替えなどの臨時支出、入るほうは利息や将来の厚生年金の受給、積み立ててる民間の年金保険なども入れてます。
所得税や利息や将来の受給年金は計算式を入れて、収入支出が変わっても自動計算できるようにしてます。

エクセルのいいところは、もちろん何度でも試算ができることです。
昇給が毎年これぐらいあったらどうかな・・ とか。
逆にボーナス出なくなったらどうかな・・とか。
金利がこれぐらいになったらどうかな・・とか。
30歳で200万の車を買ったらどうかな・・とか。

で生涯家賃を払い続けたらどうかな。というのと、ある年齢でローン組んで購入してしまったらどうかな。という試算をしてみたわけです。
そうしたら、私の年収では一生賃貸か、早めに不動産購入するかどちらかしか無理。
ということが分かったわけです。

つまりは、家賃を払い続けながら貯金を貯めて、ローンなしで不動産購入、というのはむしろ損多く益のないやりかただったのです。

ただ、たとえば将来理想の住まいに住むために、今は風呂なしトイレ共同4畳半に済んで貯金するぞ、という考え方であれば、おそらく同じ結論にはならないでしょうね。

私はお金の使い方の前提として、「来るか来ないか分からない未来のために、今無理な我慢はしない」というルールを決めているので、このような試算結果になったのだと思います。
posted by さば at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マネープラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

生涯型家計簿。

生涯マネープランを作るようになったのは10年近く前です。
エクセルのテンプレートで自作したもので、当初は単なる家計簿から始まりました。

家計簿を付けはじめたのは学生時代、ひとり暮らしを始めた時です。まだパソコンの普及する前ですから、最初は市販の家計簿を購入して付けておりました。
もともと理論立てを考えたり、数字をいじることが好きなので、節約のためというよりも、より自分の消費性向を分析できるような家計簿を作りたいと思うようになり、普通のノートを使って自分に合ったスタイルの家計簿を自作するようになりました。

やがてパソコンを購入し、家計簿は紙ベースからエクセルテンプレートに移りましたが、ノートでやっていた試行錯誤はエクセルになってさらに執拗になりました。
仕事上エクセルの知識が必須だったこともあり、その勉強がてら、自作の家計簿はどんどん改良を重ねていきます。
もはや「趣味は家計簿の改良[E:heart01]」の状態です。
当初は収支の記録だけだったものが、クレジットカードの管理、通帳残高の管理ができるようになり、予算対比型になり、ともかく家計簿を見れば自分の経済状態はばっちり把握できるようになりました。

これが数年続けば、自分の消費性向も十分認識できます。
一年にいくらあればどんな生活ができるのかもわかります。

そしてこの家計簿のいきついた先が、一生涯の予算計画です。
それまでは「今年、今月にいくら使えるか」の把握が重要だったのですが、それが分かるようになってしまったものですから、そうなると関心は「一生涯に自分はいくら使うことができるのか」に向いたというわけです。
posted by さば at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マネープラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。